就労継続支援B型

就労継続支援とは

就労継続支援B型は、障がいをお持ちの方へ雇用契約を結ばず、働く場所を提供するとともに、生産活動を通じて、その知識と能力の向上に必要な訓練等を行います。

「きずな」では、内職(軽作業)部門・施設外就労・菓子部門・その他イベント販売等のお仕事をしていただいております。


一日のスケジュール

内容 時間帯
体操・朝礼 9:00~9:15
作業 9:15~10:15
休憩 10:15~10:30
作業 10:30~12:00
お昼休憩 12:00~13:00
清掃 13:00~13:10
作業 13:10~14:15
休憩 14:15~14:30
作業 14:30~15:20
片づけ・終礼 15:20~15:30

 

自主製品 「黒にんにく」

  にんにくが体に良いことは広く知られていますが、ニオイが苦手な方も多いのではないでしょうか 「黒にんにく」は発酵を通じて、にんにく特有のニオイが軽減されております。

 にんにくの効果は魅力的だけど、ニオイが気になって召し上がる回数を減らしていた方等、この機会にお試しになってはいかがでしょうか。

1袋 500円で販売しております。   お問合せ  0569-29-5111まで

 

お仕事風景

施設内作業(軽作業)

企業からいただく内職作業(車や電機部品のバリ取り、組付け、小物、チラシの封入作業など)を行います。

それぞれの利用者さんの希望や能力に応じた作業を、それぞれのペースで取り組んでいただきます。

集中して黙々とがんばっています。でも、たまーにお喋りが出ることも・・・。

「きれいに仕上げる。」「スピードアップを目指す。」など、個々の目標に向かって作業を進めます。

細かい作業や難しい作業だって、毎日続けているうちに少しずつ上手になっていきます。

頑張れば工賃がアップ!! 働くモチベーションになっています。

 

施設内作業(菓子作業

自主製品としてシフォンケーキ、カステラ、クッキー、ラスクなどの焼き菓子を製造しています。企業や地域のイベントなどで販売を行います。

お菓子作りは大変ですが、買ってくれるお客様が「おいしい!」と喜んでくれるので、とてもやりがいがあります。

「いらっしゃいませ。」「ありがとうございました。」最初は恥ずかしくて声が出ませんが、だんだん大きな声が出るようになります。

お菓子の販売は、地域の人たちとふれあいながらコミュニケーション力も身に付ける、とてもよい場になっています。

 

施設外就労

利用者、職員でユニットを組み企業に出向き、実際に企業の中で働かせていただきます。

 

業の中で働くことで、将来就職したときに必要な社会人として働く力を養います。

きずなの中だけでは味わえない緊張感があり、仕事に対する厳しさ、集中力が身につきます。

作業以外の活動の様子

環境整備:掃除や草取り、花の世話。 きれいで明るい施設は私たちの自慢。ますますきれいになりますように・・。

座学 : ときどきお勉強もするのです。漢字、計算問題、お金の計算。苦手な人は迷路や点つなぎなどの脳トレもあります。

パソコン教室 : 時にはパソコンの得意な利用者さんに、講師になってもらい練習をします。

ちょっとした調理実習です。ホットケーキを作ってみんなで食べました。

体力づくりも大事! たまには散歩に行きましょう。

休憩時間は自由に過ごします。トランプやスマホゲーム、お喋り、読書などで楽しくくつろいでいます。

余暇活動(外出行事)などの様子

 

施設内でのバーベキュー、バスを借りて名古屋へ社会見学、グループに分かれて半田市内への外出など、利用者さんの希望も取り入れながら行っております。